管理人1号の雑念をつらつらと...
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07/22
2010 Thu
告白
「しんちゃん」とは、2年間ぐらい一緒にいました。
最初は、彼の方からだったけど、
でも今思えば、どちらからともなく・・・ってカンジで、すごく自然だったと思います。

最初の1年ぐらいは、ホントにしあわせでした。
このまま終わりなんてくるのかな?
くるわけないよな?ってぐらい何も見えていませんでした。


だって私たちには「ゴール」がなかったから。


始めるにあたり、ひとつだけ約束しました。
ひとつだけだけど、とても大変な約束。


「本気にならないこと」


そのときは、守れると思いました。



彼はとてもやさしくて、出来る範囲で一生懸命私のことを想ってくれていたと思います。
だからこそ私もすぐに心を開くことができたし、
凹んでるときとか、悲しいときとか、さみしいときとか、
彼の声を聞いたり、顔を見るだけで、それだけで元気になれました。

去年2月の私の職場異動は、私にとって彼がどれだけ大切な存在であったか、
思い知らされる出来事でもありました。
職場が離れるとき、手をぎゅっと握って「いつでも電話しといで」って。
不安でいっぱいだった私を救ってくれました。
新しい職場で心折れそうになっても、彼の存在が私を前へ進ませてくれました。

でもそうやって私が好きになればなるほど、
なぜかどんどん遠くなっているような気がしました。
それはきっと私が「ゴール」を求めてしまったからだと思います。
もちろん「結婚」とかではなくてね。

彼は、この恋愛におけるすべてのカギを私に握らせてくれていました。
終わりにするのも、放置するのも。続けていくのも。
「追ったりしないから安心して」彼の口癖でした。
そう言われるたび、とてもつらかったです。
それは「やさしさ」じゃなくて、単なる「逃避」。
そうじゃなくて向き合ってほしいって、思いました。

そんなふうにお互いに温度差が生まれ、次第にいろんな綻びができ始めました。
そのたび、繕うという作業。
彼は決して一緒に繕ってはくれませんでした。
まだ「終わり」を考えていなかった私は一緒にいたいがために、
ひとりでもがいてあがいて、一所懸命繕ってきました。
昔からお裁縫は大の苦手なのに・・・。

いつしか彼に対して「ごめんね」が私の口癖になりました。
「気にしないでね」
「大丈夫だから」
何十回、何百回、言っただろう。

最初の約束をやぶってしまったのは私だけど、
それでもなんでこんなに自分だけが頑張らないといけないんだろう?って。
もう解放されたいって思い始めました。


人はなぜ頑張れるのかと考えたときに、
その先に「しあわせ」ってやつが待っていると信じているからなんだと思いました。
でも私にはそれが見えなかった。そんなこと百も承知だったはずなのに。
もう頑張れなくなりました。


5月のおわり。
3本のカギを預かっていた私は、「終わり」のカギを選択しました。
縛らない彼に縛られていた私の心は、ようやく解放されました。

スポンサーサイト
03/26
2010 Fri
しあわせなひととき
「今晩電話する」って言うから

家の中なのにケータイ持ち歩いたり

お風呂も超マッハで済ましたり

そんなひとときがいとおしくて仕方ないです

しばらくこのしあわせ続きますように・・・
11/15
2008 Sat
夜のドライブ
金曜日。
しんちゃんとドライブに行きました。
仕事終わりで家まで迎えにきてもらって、出発!

びわこ沿いをひたすらずーっとずーっと走って、気づけば、今津まで!
夜のびわこは、めっちゃキレイで、
その日は、月もすごくキレイだったので、
外灯も全然なかったけど、月あかりでふわっと明るくって、
しかも今津まで行くと、水も透き通っていて、
こんなキレイなびわこを見たのは、何年ぶりかなぁ。。。
私は、改めて滋賀人でよかったなぁって思いました。

私はずっと、「楽しい!楽しい!」って言ってて、
しんちゃんは、「よかったよかった」って笑ってました。


その日、しんちゃんは、言いかけて「やっぱいいわ」ってことが何度かありました。
なんやねん、その意味深発言は!と思いつつも、
なんつーか、私はそうゆうのが大の苦手で、
核心に迫られる!と察知すると、どうもひいてしまう。
なので、あえて聞いていません。

「今が楽しけりゃいいじゃん!」って歳でもないんやけど、
しんちゃんとは、今のままがいいなぁって思います。
だってホントに楽しかったから。
また行きたいし。
また会いたいし。
11/05
2008 Wed
夜景
2008101518130001.jpg

しんちゃんが出張先から送ってきてくれた写メ。

「きれいな夜景やったから」って。

から、何!?

そゆの、サラっとされると弱いんですけど。
私がいろいろ深く考えすぎてしまうからいけないんだろうけど、
夜景はまずいぜ?

しんちゃんの悪いところは、こうゆうとこだ。

言うことなすこと、実はめちゃくちゃ私のつぼなのに、
さりげなく、サラーっとやってのけておきながら、
本人はまったくわかってないんだよなぁ、きっと。

男から言わすと、「それは計算やって」らしいけど・・・。
だとしたら、すっかりぽっかりだまされてるんやな・・・。

でもね。夜景を見て、「きれいやなぁ」って思って、
それを一番に伝えたいって思った相手が私であることが重要で。
私は、泣けるぐらいそのことが嬉しかった。
それが計算だろーが、天然だろーが、ね。


だから、ええか。だまされとこ。
10/12
2008 Sun
しんちゃんのこと
を、ブログに書いたら、なんだかもやもやしていた自分の気持ちとか
すっきりきれいに整理できたような気がしてます。
別になんも答えでてないんやけどね。
あくまで自分の中で、です。

あ。友達が「ブログ読んだよ!」って、メールでいろいろ意見してくれたのも、
とても嬉しかったです。

私は、基本的に恋愛に向いてないので、
三十路でありながら、心はセブンティーンのまんま成長しておりません(さむ!笑)
いや、それ笑いごとか?

なので友達が真剣に考えて言ってくれるのは、とてもとてもありがたいです。
だからといって流されることはありません。
でも素直に受け入れます。
そのためにも、自分の中でだけはすっきりさせておかないとね。
書くのはとても勇気がいったけど、書いてよかったです。


しんちゃんは、ホントにやさしいです。
最近はよく、覚えたてのデコメを送ってくれます。
しかも私の大好きなパンダがいっぱいいます。
そのメールを見るたび、きっと慣れない手つきで作ったんだろうなぁと
私は、ほっこりした気持ちになります。

もうひとりの好きな人とは、相変わらずです。
その彼から来るメールは(めったに来ない上に続かないけどね!)、
たいてい2~3行の短文です。
でも彼の人柄で溢れています。
私は、飛び上がる程うれしい気持ちになります。

メールをとって見ても、正反対なふたり。
やっぱりどっちも好きだ。
しばらくこのままでいっか。
10/05
2008 Sun
しんちゃん
私の誕生日の0時ちょうどにメールをくれた人です。

そして、
たぶん、
今、私が一番好きな人です。


その10分後にメールをくれた、
これまで日記にちらほら書いていた人とは違うくて、
その人も好きだけど、
その人よりも、たぶん、しんちゃんが好きです。

たぶん・・・やけど。


10分後にメールをくれた彼と会うと、すごくドキドキします。
ドキドキして、キンチョーしすぎるあまりか、
どうしても素直に自分の気持ちを伝えられなくて、
心とは裏腹な言葉を発したり、態度を取ってしまうことが多いです。
そんなことに何の意味も持たないことをわかっていながら。

好きなはずなのに、なんでそうなってしまうのか、
自分でも???なんですが・・・。

それがとても苦しい。
自分のせいなんだけど、そんなの苦しい。しんどい。


しんちゃんといると、それが全然なくって、
ドキドキも、キンチョーもしない。
根本的な違い。

だからか、私はいつも素直でいられる。
ずっと好きな人の前では、こんな風でいたいって思ってた自分でいられます。(たぶん相当キモイけど・笑)
しんちゃんは、そんな私を「好き」だと言ってくれました。
とにかくホっとできて、楽しくて、しあわせです。
バイバイした後、すぐにまた会いたいって思います。


どっちがホントの自分なのか?って考えるけど、
どっちもホントの私です。それは絶対。

ただ、
どっちが自分の恋愛のカタチなのかがわからなくて、とても悩んでいます。
だからそこは、「たぶん」です。
相手が違うんだから、気持ちが違ってくるのは当たり前なんだけどね。
それに、一筋縄ではいかない問題もあり。。。


やはり三十路、波乱の幕開けです。
04/12
2008 Sat
すきなひと
私は用心深いから、
人を好きになるとき、その人のことをある程度知ってからじゃないと、
絶対に好きにならない。

でも今回は、なんか違うくって、こんなの初めてで、
言わば「直感」

第6感ぐらいで、「好き」って思いました。
そんで「好きなんですけど!」ってポロっと本人に言っちゃいました(笑)

最近までは、それがもしかしたら勘違いやったかも!?って
自分の気持ちに確信が持てずにいました。
それもたぶん今から思えばただの「逃げ道」にすぎなかったんだけど・・・。

でも一連の騒動?で、私は自分の気持ちがホンモノだったんだって自信が持てて、
一連の騒動が、決して無駄なことじゃなかったんだって思えました。

騒動後、こないだ初めて彼に会ったとき、
やっぱり「この人が好きだ」って心から思いました。


―好きな人がいること。


ちょこっと前まで当たり前だったことが、
奇跡だとさえ思います。
ちょこっと前まで当たり前だったことが、
こんなにも幸せに感じます。

copylight © *雑念日記*. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。