管理人1号の雑念をつらつらと...
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11/11
2007 Sun
一周忌によせて
去年亡くなった友達のお墓参りに初めて行ってきました。
ここまで来るのに、私もみんなも一年かかりました。


一年です。

あれから一年が経ちました。


墓前で私は一体何を思うのだろう、と
何故か昨日の夜はなかなか寝付けず、朝を迎えてしまいました。


伝えたいことが山ほどあった。
彼女の眠るお墓の前で手を合わせたとき、
きっと私たちはみんな同じ気持ちだったと思う。

もう彼女のいない生活を嘆かない。

今日、墓前でいっぱい話して、いっぱい笑って、
こうだったね、ああだったねって。
こんなふうに話ができるなんてあの頃を思うと夢のようだけど、
きっと彼女も一緒に笑って聞いてくれてると、
何故か変な確信を得ながら。

いっぱい泣いて、たくさんツライ思いをして、立ち直れなくて、
一時期私たちは一緒にいることがキツくなり、疎遠になってしまった。

でもそんなことではいけない。
この状況を一番悲しむのは彼女だと、わかっていながらも
やっぱり思い出すのは相当辛かった。

ここまで来るのに一年かかりました。

今日が本当の意味で、
私たちと彼女とのお別れの日だったのかもしれません。




くみちゃん。


私はまだまだ弱っちぃから、
あなたの分まで頑張って生きてるなんて
とうていそんなことは言えないけど、
毎日凸凹しながらも、自分なりに頑張ってるよ。

もうあなたを思い出して嘆いたり、泣いたりするのは、
今日限りやめるよ。

だって思い出は満開やもんね。

一緒に行ったディズニーランド。
毎年恒例だった花火大会。
朝まで笑いっぱなしで飲んだこと。

一年間、そんな大切な思い出までも封印してた。
ごめんね。


私はもう大丈夫。
泣きそうになったら、それを思い出して頑張る。
だから大丈夫。

たとえ思い出す日がなくなったとしても、
それは、決してあなたを忘れたわけじゃないからね。
今でも、これからもずっとずっと変わらず大好きな友達。

また時々会いに行くね。
あなたの大好きなタバコを持って。

copylight © *雑念日記*. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。