管理人1号の雑念をつらつらと...
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08/16
2008 Sat
五右衛門ロック☆
080814_124528_ed.jpg

14日、劇団新感線の舞台「五右衛門ロック」を観に行ってきました!
友達が取ってくれたチケットは、当日引き換え券だったのに、
前から10列目のど真ん中!しかも前も横も通路!
S席どころじゃねぇよ!何席だよ!?
コレって確実関係者席ぢゃ・・・・・?ってな具合の超超超良席でした。

古田新太を始め、松雪泰子、江口洋介、森山未來、濱田マリ、川平慈英・・・・
そして大御所・北大路欣也!(ソフトバンクのお父さん♪)
なんともまぁヨダレが出ちゃうぜ豪華キャスト。

しかしながら私も友達もとても観たかった舞台だったにも関わらず、
ふたりとも予備知識ゼロ。。。
行きの電車でも、
「で、どんなストーリーなん?」
「え?しらん」
なんて会話もふつうに飛び交い・・・・

さらに私なんて江口洋介が出ることすら知らなくって、
始まって30分ぐらい経って、友達に「ってか、あれ江口洋介ちゃうん!?きゃー]」なんて
とんだKY発言も飛び出す始末でしたが・・・
でもでもでもでもでもでもでもでもでもでもっ!!!


ほんっっとにサイコーでした!!!(声大)


だって、だって、だって、
私のホントに真横を、森山未來が!松雪さんが!!駆け抜けていっただよ!!!
むっほぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(悶絶)

そんな間近で観たせいか、舞台をまさしく「体感☆」できました。
恐れ多くも自分もキャストの端くれぐらいの気持ちで楽しみました。
心も身体も会場も揺れまくったよ。

生松雪、ハンパねぇよ!!!
キレイすぎ!白すぎ!細すぎ!
あんなキレイな人、見たことねぇ。
ただキレイだけじゃなくて、色っぽい。
指先に至るまでの立ち居振る舞いが艶っぽい。


舞台は、全編生バンドで、超ROCK☆
お芝居を観てるんだけど、ライブを観ているような・・・そんな錯覚さえおぼえました。

音楽だけじゃなくて、殺陣シーンもかなり迫力あって素晴らしかったです。
全部見たくてがんばってたけど、目が追いつかない!!
あと3つ、目が欲しかったです。

古田新太の演技力や、存在感もさることながら、
今回鳥肌モンだったのは、森山未來!
彼の才能はすごいです!こんなド素人が豪語するぐらいだから、相当だよ!
彼は絶対に舞台一本でやってくべきだと思う!(誰だよ・・・)
ダンスがものすんごいかっこよかったです。
口からは「すごい・・・」という言葉しか出なかったです。
かっこよすぎました。友達ともども、大ファンになりました(笑)

あと北大路欣也のオーラがすごかったです。
声だけ聞くと、ソフトバンクのお父さんだけど、
あの存在感とオーラは、圧巻・・・・でした。
なんかこの舞台の重鎮であって、みんながその存在感を認めて、委ねて、
だからこそそれぞれが自由に楽しめてるって感じがしました。

4人(古田・江口・松雪・森山)が見得を切るところは、
立ち上がって拳あげて叫びたくなるくらいかっこよかった!
あのシーンだけで私、寿命延びた気する(笑)

最後のカーテンコールは、もちろん会場総立ち。
まさしくライブの終幕みたいに大盛り上がりでした。

その日の夜は興奮してなっかなか寝付けなかったです。
今まで観た舞台の中でダントツでナンバーワンです。
なんかまだ興奮していて、文章もぐっちゃぐちゃですんまへん。
とりあえず感情の赴くまま、書きなぐりました(笑)
でわっ!
copylight © *雑念日記*. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。