管理人1号の雑念をつらつらと...
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10/07
2005 Fri
白線流し
白線流しは一番思い入れのあるドラマです。
設定が同じ年齢だし、当時からかなーり感情移入して見ていました。
本編が終了後も、定期的に特別編があったりして。
19歳、20歳、23歳、25歳…うーん…
25歳編が一番痛かったなぁ(笑)

さて。今回の27歳編で最後とのことですが、
結局、園子と渉が決定的によりを戻すことはなかったけど、
あれはあれで良かったような気がします。
二人が恋人同士ってのも今となればなんか違和感あったりするし。
それよりももっと深いところで繋がってるんやね、きっと。
(うわー夢見がち)

それに7人ともすごい大人になったなぁと感じました。
25歳のときは、ちょっとぴりぴり感があったけど、
やっぱり27歳ってそうじゃなくて、良い意味で落ち着いたな、と。
ワタシにとって"27歳"って、思ってた以上に楽ちんで、
『大人にならな!』って頑張らなくても、
『なんかワタシって大人やん?』って思ってます。
自分でそう言っちゃうのってどうなん?って思ってたりもしてたけど、
この7人を見て、改めてそう感じています。
copylight © *雑念日記*. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。