管理人1号の雑念をつらつらと...
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/02
2005 Fri
夢の宝島


おとといに引き続き、行ってまいりました。
今回の彼らの試みは、ライブでもミュージカルでもない、新たな空間。
全員着席で鑑賞という、なんだか想像もつかないものでした。
汗をかいて、大騒ぎしてなんぼのライブ空間。
最初は『え?こんなん無理!立ちたい!騒ぎたい!』って思ってました。
でも今日2回目の公演を観て思いました。
いつもと見せ方は全然違うけど、
伝えたいメッセージや、思い、歌、音、言葉は同じだと。
そして最後に感じることも同じだと。


松岡さんは、いつもライブのMCでちょっといい話をする。
それは時に、自分の一番やわらかい部分をしめつけたりするけれど、
いつもその言葉に込められた思いを、ワタシは糧にしている。
ワタシがSOPHIAを好きになったひとつのきっかけだ。

今まで松岡さんがMCで言っていたことを、
視覚的に表現したのが、今回こうゆう形になったんじゃないかな。

正しい答えなんかどこにもないし、誰も教えてはくれないけれど、
ワタシはそう思います。
SOPHIAはライブバンドだと思うし、こうゆう形のものって受け入れられにくい。
でもそうやって自分を閉じてしまったら、すごくもったいない。
たとえ受け入れられなくても、その中で何かを感じとることが出来たら
また何か自分に返ってくるものがあると思う。
”思い”がまたひとつ”思い”を生み出すのだとワタシは思う。


『無駄なものなんてひとつもない。』


松岡さんがよくこう言う。
27歳になった今、この言葉がようやく受け入れられるようになった。
この言葉が、今のワタシを奮い立たせてくれているような気がする。
copylight © *雑念日記*. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。