管理人1号の雑念をつらつらと...
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01/31
2006 Tue
最終日
好きな人が辞めるという事実は、本人から聞いたわけではない。
その事実を知ったのは、1月22日のこと。
彼の後任のKさんから聞いた。
私は、その2日前に彼に電話をかけていて、
そのとき彼は『考えなあかんことがいっぱいある』ってそう言ってた。
私は、その様子から『異動断るんちゃうかな』って悟った。
だからKさんから聞いたとき、『やっぱりな…』って思った。

そういうこともあって、
私はなんかあの電話で彼のすべてをわかった気でいた。
今思うと、ホント思い上がりもいいところやけど…。

今日で好きな人が会社を辞める。
毎日当たり前に会えていたのが、明日からぷっつりなくなってしまう。

彼のサロン姿が大好きだった。
彼の『おはよーさん!』が大好きだった。
毎朝それが楽しみで仕方なかった。
それはありふれた日常だったけど、
私がもっとも幸せをかみしめる瞬間だった。


会えなくなることを嘆いているわけではなかった。
私だって2月で辞めるんだから、状況は変わらない。
そんなことより本人から何も聞かされなかったということが
私には耐えがたかった。
会社を辞めるという決断をしたことも。
今日が最終日だということも。
私を始め、事務所のスタッフには、挨拶ひとつなかった。
いろいろな事務処理でまだ会社に来ることはあるだろうから、
そのときにしようと思ってるのかもしれないけど。
なんだかちょっと幻滅した。
copylight © *雑念日記*. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。