管理人1号の雑念をつらつらと...
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02/28
2006 Tue
吉井和哉"My Foolish Heart"@大阪城ホール
すごい!すごいライブを観てきました!
なんっつーか、あれだ。あれ。
2001年のTHE YELLOW MONKEY『メカラウロコ』
実質、イエモンの解散ツアーになってしまったあのライブ。
その『メカラウロコ』を観に行ったときと、似た感情が私を襲いました。


そのときの日記を読み返してみた。


ドームの広さを全く感じなかった。
彼らを取り巻くすべての存在がバランス良くリンクされていて、
素晴らしい空間だった。まさしく目から鱗。
ライブの頂点を見た気がする。



と、22歳のワタシは書いています。
って漢字で書いてるあたりが鼻につくな…。
何わかったことぬかしとんねん、小娘が!ってカンジやけど(笑)


てなわけで、今日は吉井さんのツアーファイナル。
ファイナルだけど、初ライブ。
おなじみの相方・むーちゃんと行ってきました。


小雨の大阪城。

吉井さんにはなんだか雨が似合う気がした。

ステージに現れた吉井さんの佇まいそのものがかっこよかった。
真っ黒のスーツに真っ黒のシャツ。
それだけでも充分。
何も着飾らなくても、吉井さんは、そこにいるだけでかっこよかった。

ライブのところどころで、話す声すらもかっこよかった。
吉井さんが話す言葉は、とてもキレイで、
そのままメロディーをつけて歌えば、
ちゃんと曲になるんじゃないかって思う程だった。


かっこいい反面、最近覚えたという関西弁を自慢気に披露したり、
しかもその関西弁というのが、

吉井さん、うどん食べて帰らはります~?

だったもんだから、可愛いったらありゃしない!!
ってゆーか、誰に言われたん!?いつ使うん!?

さらに『正しいうがい方法を教えます!』といって、
イナバウアー風に体をそらしたりするおちゃめな吉井さん。
もうそんなオジサマ大好きです


セットリストも大満足で、聴きたい曲は全部やってくれた気がする。
『TALI』から始まったのは、ビックリしたけど、やられた。
『RAINBOW』では、会場に虹がかかり、とてもキレイだった。
イエモン時代から変わらない、吉井さんの変な踊りも見れたし(笑)
『SWEET CANDY RAIN』は、大好きな曲で、小雨の今日にピッタリだった。
新曲の『BEAUTIFUL』は、生で聴くのを一番楽しみにしてた。
ワタシは、"BEAUTIFUL"という言葉の響きが大好きで、
吉井さんはどんなふうに歌うのかすごく興味深かった。
生で聴いてますますこの曲が好きになりました。

そして忘れてはならないアンコール。
『HIKARETA』から、
"大切な人を想い浮かべながら聴いて下さい…"と
ツアータイトルにもなった『MY FOOLISH HEART』


そしてそして…


追いかけても 追いかけても
逃げて行く月のように
指と指の間をすり抜ける
バラ色の日々よ



ええぇぇぇぇぇぇぇ!!!!
これは!これは!これはぁぁぁぁぁ!!!
まさしくイエモンの『バラ色の日々』!!!

イエモンの曲はもう一生ライブでは聴けないと思ってただけに
もう嬉しくって、涙涙涙。
泣くやろー!これは!吉井さんってばよ!!
っつーか、サポメンでエマちゃんいるし、
気づけば、ステージの右半分イエモンなんですけど!
こんなサプライズ、ありっすか!?


でも吉井和哉としてのライブでイエモンの曲をやるのは、
とても勇気がいったと思います。
賛否両論あると思うけど、それもきっと承知の上やったんやろなぁ。
なんかかっこいい。ホントかっこいい。



『今年で40歳になりますが、また目標が出来ました。』

今日一番印象に残った言葉。
いくつになってもこんなことが言えるなんてホントに素敵。
これからの吉井和哉から絶対目が離せません。



愛とはなぜか きびしくて 苦しくて
恋との違い知って
草原はたまに土砂降り
光見失うけど
雲はかならず いつか切れてく

         BEAUTIFUL/吉井和哉
copylight © *雑念日記*. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。