FC2ブログ
管理人1号の雑念をつらつらと...
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04/04
2010 Sun
泣きウィーク
先月末でご退職されたTさん。
Tさんは私が前にいた部署の人で、一言で言うと「ホンマにええおっちゃん」
こってこての関西弁で口は相当悪いけど(笑!)、ハートは熱く優しくて、
仕事もバリバリ出来て、まさしくみんなが慕う「親分」
ホントにまっすぐで、裏表の一切ない人。
私はそんな親分が大大大好きでした。年齢はおとんと変わらないけどね!

よくゴハンとかカラオケ(親分のオハコはさぶちゃん!)とか連れてってもらったし、
仕事の愚痴もたくさん聞いてもらったし、
私が元気ないときは、さり気なく「パーっといくか!」とか誘ってくれたり、
去年職場異動して、かなりナーバスになってたときも
これまたホンマにさり気なく会いにきてくれて、
ガハハハっつってバカ話しにきてくれたり・・・
とにかく一番ってぐらいお世話になりました。

そんなTさんが辞めると聞いたのは、去年の11月頃だったかなぁ。
人員削減のため、会社が早期退職者を募ったところ、手を挙げたのです。
もちろん私を含め、全員が反対しました。上司も最後の最後までひきとめたそうです。

でも親分の決心は揺るぎませんでした。
そんな潔さもかっこよかったけど・・・。

しかし・・・こうゆうとき、絶対辞めてほしくない人が真っ先に手を挙げるのかね???
いてもいんくてもどーでもいい、仕事出来ない、はよ辞めろや!ぐらいの人(←猛毒)は、
もちろん60歳定年まで会社に居座って、さらに年休消化しなあかんって
ラスト2~3ヵ月は会社に来ないとか・・・権利だけ主張して、引き継ぎもろくにしない。
もう辞めるからって、責任逃れしたり。
さらに辞めてからでも、嘱託とかシニア派遣とかで、ずーっと会社にしがみついてさぁ。。。

これ鉄則。


ま、それはおいといて(笑)


そんな親分の送別会が29日にありました。
私はもう他部署の人間だけど、
親分が来てほしいって言ってるからって、声をかけてもらって出席しました。(泣ける!)

自分はわがまま言って辞めさせてもらうのだからって、
部署全体の送別会や、記念品は全部辞退したそうなので、(これも泣ける!)
有志で開いた30人弱ぐらいのこじんまりした会だったけど、
本当に親分のことが大好きな人が集まったので、とっても良い会でした。

「こんな男を支えてくださってありがとうございました!」

って、送別会の最後の挨拶で親分は男泣き。
相当かっこよかったです!!!
好きすぎて、2回チューしたしね!!!(笑)


そして31日。最後の出社日は、お別れのセレモニーがあり、
そこにはいろんな部署からたくさんの人が参列していたけど、
親分は全員と握手してお別れしてくれました。

そしてその日の夜は、こないだの送別会に来られなかった人たちも
「最後に親分と飲みたい!」ってなり、
「ほんじゃ私、セッティングします!」と、まさかの私幹事で最後の晩餐。

親分は滋賀の人じゃないので、(単身赴任でした)
みんなで「最後においしい近江牛を食べて帰ってもらおう」って焼肉をごちそうしました。
親分にはみんないつもごちそうになってたので、
最後の最後初めてごちそうできて嬉しかったです。

二次会はカラオケに行きました。
3時間いたけど、私は3時間ずーっと「うわーーーーん!!!」って泣いてしまいました。
「別に死ぬわけちゃうんやから!」ってみんなに言われながら(笑)
いつも明るく元気な親分だったから、絶対しめっぽくはしたくなくて、
こないだの送別会のときも、セレモニーのときもずーっと我慢してたけど、
やっぱり最後はこらえきれずに、大泣きしてしまいました。。。
久々に人前で声上げて泣いちゃったよ。。。

別れたあと、「またすぐ会えますよね!?大好きです!!」ってメールしたら、
「楽しい会を企画してくれてありがとう。また会いましょう!」って返事がきて、
また家でひとりで泣きました。


4月1日。
親分がいなくなった会社は、何事もなかったかのように新年度を迎えました。

copylight © *雑念日記*. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。