FC2ブログ
管理人1号の雑念をつらつらと...
10/28
2006 Sat
待望!木更津キャッツアイ ワールドシリーズ
今日はオカちゃんの結婚二次会です・・・・。


でも・・・・・昼過ぎから映画観に行ってきました!
ホントは朝イチのに行くつもりやったけど、起きれなくて・・・
この時間だと二次会に行く準備の時間がカツカツになること承知の上で。


kisarazu.jpg
私が1年以上公開を楽しみに待ち望んでいた、
木更津キャッツアイ ワールドシリーズニャー!!
今日から公開で、どーーーーっしても見たくて!
っつーか、1年前から公開日に観に行く!と心に決めてたニャー!!

今日から公開やけど、アーカスシネマは10人ぐらいやったような・・・。
後ろのカップルの男がボソっと「アーカスつぶれるな・・・」ってつぶやいたとき、
「私も同感です!」と言いたかった!

ま。私的には、少人数はありがたいけどね。
映画は基本ひとりで見る派なので(デスノートは別)

そして映画ですが・・・・・・


お も ろ す ぎ !

クドカン作品は全部大好きだけど、やっぱキャッツが一番かなぁ。
池袋も捨てがたいけど。キャッツはメンツが大好物ぞろいやし。

ホントに1シーン1シーンが楽しくって、まばたきするのももったいないぐらいでした。
まわりを気にせず、大声で爆笑しました。

今回のワールドシリーズで完結ということもあって、
キャッツらしからぬ、ホロっとくるシーンもあったりで、
またまた大好きになりました。

そいでやっぱりエンドロールで流れる嵐の曲に萎えました(笑)
また忘れてたよ・・・嵐が主題歌なこと。
毎回萎えるんだ、私。曲変えようよ・・・・・。


まぁなにわともあれ、私の足はあと2回程映画館に出向いてしまうでしょうな。
さて次回は二次会日記♪
08/26
2006 Sat
映画Day
Maちゃんと映画を観に行ってきました。
Maちゃんが映画のタダ券を4枚持っていたので、
それに私も便乗させてもらい、大大大感謝♪
せっかく4枚あるので・・・映画2本ハシゴしました!

1本目は・・・・「僕の、世界の中心は、君だ」
いわゆる韓国版セカチューです。
Maちゃんが主演のチャ・テヒョンの大ファンで、うはうはしてました(笑)
私は、主演女優のソン・ヘギョちゃん好きやなー★
いろんな韓国ドラマに出てはって、めっさキレイ!!
韓国の女優さんの中で一番好き♪

で、内容は・・・・相変わらず純愛でした(笑)
日本版のセカチューでは全く泣けなかったけど、こっちは泣けたなぁ。
セリフがキレイやったし、ストーリーも日本よりシンプルで、
余計なもんが削ぎ落とされていて、そこが良かったのかも?

あと、エンディングテーマ!
チャ・テヒョンが平井堅のカバーで「瞳を閉じて」を歌ってるわけですが、
エンドロールが短すぎて、ワンコーラスでフェイドアウト!
会場中がざわめきました(笑)あの終わり方はなしやな。


そして2本目は・・・・巷でうわさの「ゲド戦記」
これは・・・・ぶっちゃけ期待ハズレ。
世間でも酷評されてるけど、そのとおりでした。

・笑いがない
・かわいいキャラが出てこない
・夢がない
・グロイ
・話の内容がいまいちわからない
・説教くさい
・主人公が弱っちぃ

でした。
でもラスト30分はものすごーく良かったです(笑)

ただ・・・・コワイ!怖くしすぎ!あんな怖くせんでも・・・。
あれ子供は絶対コワイと思うんですけど!
大人な私でさえ、目を覆うシーンがちらほら。。。
やっぱジブリはもっと夢と笑いがないとね。


てなわけで久々に映画ハシゴしたけど、楽しかったです♪
秋も見たい映画が続々やから、今からわくわく。
なんといっても大大大好きな「木更津キャッツアイ」の完結編が公開されるしね。
今から笑える・・・・・!!

06/28
2006 Wed
タイヨウのうた
最近めっきり映画づいています。
見たいのいっぱいあるし、じゃんじゃん見ていかないと、
まだまだ公開待ちのもあるしね。

てなわけで今日は、「タイヨウのうた」見てきましたー。
これ来月からドラマ化もされるらしいねんけど、
主演が山田孝之・沢尻エリカって・・・・どっちもいけてなぁ~。。。
どっちもあんまり好きちゃうねんなぁ。

映画はYUIと塚本高史主演。どっちも好きー。
考えてみると、私は好きな俳優(日本人)が多い。
だから邦画が好きなんかなー?っつーか、ミーハーなだけか?(笑)




以下ちょっとネタバレ・・・






映画、すごく良かったです。
病気ものはどちらかというと好きではないんやけど、
これはあまり病気で苦しむシーンがなくて、
主人公が一番輝いていた部分を描いていたから、
結局死んじゃうけど、何故かそんなに絶望的な印象は持ちませんでした。

主役のYUIちゃんがめちゃめちゃ可愛かったです。
あのコの声好き。しゃべるのも、歌うのも。
もちろん顔も、ものすごべっぴんさんでビックリしました。
喋り方とか、表情とか、すべてがふんわりで大好きになりましたよー。
特に「んー」っていう、返事の仕方がすんごい可愛いねん(細かすぎ?)
塚本くんに告白されるシーンで、

「僕と付き合ってください!」
「んっ!!」

このやりとりと、YUIちゃんの「んっ!!」にずっきゅーん★でした。
「可愛い・・・」って、声に出てたと思う。無意識に。


あと踏み切りでのキスシーン。
泣ける上に、これで飯3杯食えますから。


それにしても、塚本くんまたお馬鹿な男の子の役やったなぁ・・・。
バトロワのときは、「秀才・三村」やったのに・・・。
でもなんかお馬鹿な方が似合ってるな(暴言)
お馬鹿やけど、心は優しい!って役多いよね。
YUIの歌に出てくる、「かっこよくない優しさ」は彼のことやったんかぁ。
あの歌ええわぁ~。
前から好きやったけど、映画見てより一層好き!
だって「まんま」やもん。

主題歌・劇中歌も含め、ホンマに良い映画でした。

果たして・・・・・・・・・・・・・・・・・
沢尻エリカに、あのふんわり感は出せるのか!?
っつーか、その前に歌えるのか!?
山田孝之に、あの男らしさと優しさは出せるのか!?
あの踏み切りでのシーン、二人に置き換えて想像すると・・・・


あーりーーえーーねぇーーーー・・・・・・・・・・・

06/17
2006 Sat
デスノート(ネタバレなし)


Maちゃんとデスノートを観に行ってきました★
またもMaちゃんのお力で安くで観させて頂き、いつも感謝です~。

今日が公開初日とあって、さすがに満員か!?と思いきや、
意外と?ガラガラセブンシネマ!ダイジョーブか!?
結構ぎりぎりやったにも関わらず、ええポジションで観れました!
がしかし、前のカップルが彼氏彼女ともえらい座高が高くて観にくかった・・・。
私はまだ彼女側の方やったから、マシやったけど、
Maちゃんは男側やったので、かなりメガヒット!下半分くらい見切れたらしい・・・。
「改めてもっかい観に行く!」と言うてました。


で、「デスノート」ですが。
めーーーーーっちゃおもしろいっっっ!!!!!!
あんな話考えつく作者がすごいです。天才やろー!!
何故あんなに売れているのか、身をもって納得しました。
恐いからという理由でさわりしか読んでなかったのがくやちぃ。。。
絶対原作読むっっっ!!!大人買いやぁぁぁ!
しかもライト(主人公)を藤原くんやと思って読むっ!(それはどーなんだ?)

原作と若干内容は違うらしいけど、
原作をあまり知らない私も、原作を読んだMaちゃんも、
どちらも同じくらい楽しめたから、これまたすごいことよね。
(Maちゃんは、使いもしない下敷き買ったくらいやし・笑)
映像もすごいし、音楽もかっこいい★
絶妙なタイミングで挿入してくるスガシカオの声が素敵でした。

そしてやっぱ藤原竜也!彼はかっこいいです!
ああゆう役は、彼以外誰がやるんや!?ってくらいハマリ役。
L(エル)役の、松山ケンイチもNANAのときはイマイチやったけど、
この役は合ってて良かったです。 あのキレた演技は素晴らしい!
っつーか、むしろ主役食ってんちゃうん!?みたいな。
私が役者やったら、絶対ライトよりLの方がやりたい!
と、ありえない妄想を広げていました。
なんせ、座った座席もL列やったし!(それは関係ない)

で、後編は11月公開らしいのですが、待てねーぇ!
ってゆうか、私、絶賛しすぎですか?
邦画って、ヒューマンなものが得意やとばかり思ってたけど、
私もそうゆう系が好きやとばかり思ってたけど、こんなのもいいね。
当分アツイです、私。
06/16
2006 Fri
映画ラッシュ★
この時期は毎年観たい映画がいっぱいです。
観たい映画って絶対重なるんですけど、あれってなんでですかね?
ちょっと前までは、なーんもなかったのに。

それに私は、邦画しか観ないので・・・
というか、邦画しか観たいと思う映画がないのです。
邦画って終わるのめっちゃ早いし、見逃すこと多しです。


今のところ観たいのは、


●デスノート
●タイヨウのうた
●嫌われ松子の一生
●日本沈没
●ゲド戦記
●ダメジン
●花よりもなほ
●雪に願うこと


です。中にはもう終わってるのもあるんやろなぁ。
邦画の命は短いですから(笑)


とりあえず明日は、Maちゃんと『デスノート』観に行ってきます★
公開初日やから、人いっぱいやろうけど、楽しみです♪
漫画もさわりしか読んでないし、怖いのはもっぱら苦手な私やけど、
藤原くん主演やし見なくてわっ!・・・って、ただのミーハー発言やけど・・・。
いーんです!彼はホンマにかっこいいので!!
05/30
2006 Tue
小さな幸せがいっぱい

20060331002fl00002viewrsz150x.jpg

間宮兄弟
2006年 日本 119分
原作:江國香織
監督:森田芳光
出演:佐々木蔵之介、塚地武雅(ドランクドラゴン)他



ブログが更新できなかった間の出来事を、ひとつ思い出しました!
先週のレディーズディに間宮兄弟を観てきました★

原作は読んでいないので、純粋に映画として楽しめました!
原作のある映画は、事前に読んでしまうとどうも期待はずれなのが多いので。。。

まだまだこれから観に行く人も多いだろうから、ネタバレしない程度に感想を…。



愛すべき間宮兄弟。
ええ年したおっさん二人なのに、超が付くほど仲むつまじい間宮兄弟。
寝るのも、食べるのも、遊ぶのも、恋するのも、何をするにもふたり一緒。
一見キモイと思われがちな、この関係。
でも全然きもくない。むしろかわいい。それは、間宮兄弟だから。
きっと蔵之介さんと塚地の凸凹コンビやからこそ、表現できたのだと思います!

大人なのに子供で、おっさんなのに少年で、兄弟なのに友達で…

この微妙なラインすれすれな感じがおもしろくって、
微笑ましくって、自然と笑顔になれます!!

衝撃的な事件も、劇的な展開も、絶望的な感情も何もないけれど、
でも終わったらなんか『ぷぷっ』って思い出し笑いしてしまう。
そんな『小さな幸せ』がたくさん詰まった素敵な映画です。
何も考えずに、肩の力を抜いてラク~に観られます。
なかなか最近こうゆう映画ってないから、新鮮でした。
あと、佐々木蔵之介さんがホンマにかっこいい~♪♪♪
蔵さんファンは必見ですぞ!

copylight © *雑念日記*. all rights reserved.
template by sleeeping!